親しい人に車を売る時は書類が大事

親しい人に車を売る時は書類が大事

車の売却先は、いわゆる業者だけとは限りません。個人に売却をする方法もあります。いわゆる個人間売買ですね。
ネットオークションを用いて車を売る方法は、それに該当します。最終的には一般個人の方に対して、車を売る事になるからです。

 

ところで個人間売買という表現は、もっと親しい方に対しても用いられる場合があります。いわゆる親戚やお友達ですね。とても親しい人に対して車を売却するケースも、意外と多いです。一説には車買取専門店に売っている方の人数よりも、知人に売っている方の人数の方が多いとも言われているのですが。

 

ところで親しい方に車を売却する時には、ちょっと注意するべき点もあります。後になってトラブルが発生しないように、くれぐれも気をつけるべきですね。

 

例えばある方に対して車を売ったものの、何らかの不具合が発生してしまったとします。それによって口論になってしまう可能性もありますね。となると、人間関係が少々微妙になってしまう危険があるのです。せっかくの親しい人間関係が、車の売却手続きでこじれてしまうのはとても悲しいことですね。

 

それを防止する為には、やはり書面を交わしておくのが大事だと思います。思えば買い取り専門店で車を売ると、必ずと言って良いほど契約書が交わされます。あれはとても大事な役割を果たしていて、後になってのトラブル時に言った言わないの問題を防止する効果があるのです。やはり文字媒体で記録が残っていると、契約内容も確認しやすいですね。口約束ですと、それが確認しづらいのですが。
ステップワゴン 買取

 

個人間売買でもそれは同様です。ちょっと手間はかかりますが、きちんと契約書は作っておいた方が良いと思いますね。まして親しい間柄であれば、「この契約書のこの文面はどういう意味か」という質問などもしやすいと思います。親しい間柄だからこそ、車を売る際には書類を作っておくべきだと考える次第です。